白鳥神社 東御市

白鳥神社 御朱印巡り

概要

白鳥神社は、平安時代にこの地に鎮座していたことは、明らかである。それは、「源平盛衰記」に記される木曽義仲挙兵のくだりによる。義仲は、治承五年(一一八一年)海野氏を中心に白鳥河原で兵を挙げた。この白鳥こそ白鳥大明神である。これが史書の初出であるが、白鳥神社の創建が、いつであるかは、明確ではない。しかし、海野の地は、奈良時代に海野郷と称し、この地から献上された品が、正倉院御物として残っている。そんな事からも、白鳥神社の創建は、奈良から平安にかけてと推測できる。

この海野 清き流れに白鳥は あとたれそめて 幾世へにけん  海野 幸氏

引用元:白鳥神社
白鳥神社

本日は、白鳥神社にやってきました。

この神社に続く国道からの道路が、2019年の台風19号で道路がなくなってしまい、現在でも建設工事が行われており、近くの駐車場1は使用できなくなっています。

朝早くに行ったので、札所は閉まっていましたが、連絡先があったので連絡したところ、5分位で来ていただき対応していただきました。

白鳥神社

神社内には、御神木、鯉が泳いでいる池、大黒様、土俵らしきものがありました。

御神木

白鳥神社

大黒様

白鳥神社
だいふく様

土俵

白鳥神社
土俵?

御朱印

白鳥神社

御朱印を頂きました。白い鳥が羽を大きく広げているかのような御朱印となっていてお気に入りです。

白鳥神社 信州海野宿

住所:〒389-0518 長野県東御市本海野1116
TEL:0268-62-1949

コメント

タイトルとURLをコピーしました