海津城&妻女山に行ってみた

史跡松代城跡(海津城) さんぽ
史跡松代城跡(海津城)

川中島合戦地を訪れて

かっぴー
かっぴー

こんにちは!

かっぴーです♪

せっかく、川中島の戦いを勉強して、第4次合戦~八幡原の戦い~の舞台となった海津城と妻女山にも訪れてみました。まずは、川中島古戦場跡地から松代方面に向かい海津城へ訪れました。

史跡松代城跡(海津城)

海津城
史跡松代城跡(海津城)

現在では、松代城と呼ばれています。

所在地は、「長野県長野市松代町松代44」となり、長野インターから約1kmの地点にあります。

松代城は、永禄3年(1560年)川中島の合戦の記録からいうと、甲斐の武田信玄が、越後の上杉謙信との戦いの際に築城されたと云われていますが、史跡松代城跡の資料では、築城年代は不明とされていて、海津城の名で確認できた文献が、永禄3年であったようです。

なぜ、「松代城」と呼ばれているのか

戦国の動乱とともに城主が移り変わり、森忠政が城主となった1600年に「待城」と改名され、次の松平忠輝では、「松城」と呼ばれ、1622年に真田信之が上田から移封され、真田3代目藩主幸道のときに幕命により「松代城」と改名されたそうです。

史跡松代城跡(海津城)
史跡松代城跡(海津城)

「海津城」名前の由来は、なんでしょう?

海津城の名称は、山本勘助の甲州流築城法「甲斐図」に拠り、築城されたところからついたという説があります。

史跡松代城跡(海津城)
史跡松代城跡(海津城)

この日は、来城されている方は、3組位しかいませんでしたので、ゆっくり散歩がてら、正門からぐるりと周りながら、裏門から入城しました。

史跡松代城跡(海津城)
史跡松代城跡(海津城)

中に入ってみると、見晴らし台となっている場所や、海津城跡の碑などがあり、ゆっくりできる公園のようになっています。

史跡松代城跡(海津城)
史跡松代城跡(海津城 碑)

松代城は背後を流れる千曲川がたびたび洪水を起こしたため、その修復と千曲川の改修を何度も行っているようです。

現在では、長野市が、戦国時代から明治時代まで存続した城で、300年以上の歴史ある場所として環境整備を行っています。

廃城(1872年)された後は、建物が壊されたために、城としての景観を大きく失ってしまったので、長野市は、平成の大普請と行い、城跡を修理・復元し、城門、木橋、石垣、土塁や堀などを江戸時代終わりごろの姿に近い状態で再現しています。

妻女山(さいじょざん)

次に妻女山にやってきました。

第4次合戦 ~八幡原の戦い~で、上杉謙信が、越後から1万3000の兵を率いて、陣営を設けたと云われる山です。

合戦場を一望できる場所ということでしたので、ある程度高い山かと思いましたが、長野市で標高362mのところにあり、妻女山は標高411mの小高い山でした。

いずれにしても、歩くのは大変かと思い、車で頂上まで上がってきました。道中の道は、狭いのですれ違いになったら、どうしようかなぁ?と思いながら、すれ違うこともなく到着しました。

キチンとした駐車場というわけではなかったのですが、10台程度は駐車できそうなスペースがありました。

川中島合戦(妻女山)
川中島合戦(妻女山)

車を降りると、妻女山神社があり、「お!もしかして、御朱印あるかなぁ?」なんてワクワクしながら、お参りをして、「社務所はないかなぁ?」と辺りを見渡しましたが、残念ながらありませんでした。そして、そのまま展望台へ向かいました。

川中島合戦(妻女山)
川中島合戦(妻女山)

展望台は一段上がった場所に設けられており、そこからの眺めは、ホントに川中島の戦いの舞台となったところが一望できます。

右手に、山本勘助が築城した海津城(松代城)の城趾など武田側の陣地だった松代地区が、左手には茶臼山、正面に千曲川と川中島、奥に飯縄山が見えます。

見晴らしが良いところです。

「妻女山」 名前の由来は、なんでしょう?

上杉軍将兵が望郷の念を抱いて、遠く離れた郷里に残してきた「妻女を偲んで涙した」と江戸時代中期になってから芝居や講談で語られるようになって広まったことから「妻女山」と表記されているようですが、「斎場山」、「西條山」や「西条山」と表記されている記録などもあるようです。

川中島合戦(妻女山)
川中島合戦(妻女山)

今回は、川中島古戦場跡を訪れた際に、歴史ある場所を見てみたい気持ちとなり散策しました。

私自身、日本史にあまり興味がなく、中国の三国志に興味をもって生活してきたので、日本の歴史を知ろうと思っていませんでしたが、身近に色々な歴史文化があることを自覚し、今では、織田信長や真田三代〔(文春文庫)火坂 雅志〕などの歴史小説を読んで知識を深めています。これからも身近な歴史から昔の情景を浮かべて散策してみたいと思います。

妻女山(さいじょざん)

所在地:〒381-1234 長野県長野市松代町岩野

アクセス:
・長野ICから国道403号を西に進み高速道路の下をくぐってすぐを左折
・登山コースあり、古びた鳥居をくぐって、直線的に10分ほど登ると、神社と展望台が見えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました