富士山本宮浅間神社

富士山本宮浅間大社 山梨県

概要

「富士本宮浅間社記」によれば、第7代孝霊天皇の御代、富士山が大噴火をしたため、周辺住民は離散し、荒れ果てた状態が長期に及んだとあります。第11代垂仁天皇はこれを憂い、その3年(前27)に浅間大神を山足の地に祀り山霊を鎮められました。これが当大社の起源です。

その後は姫神の水徳をもって噴火が静まり、平穏な日々が送れるようになったと伝えられています。この偉大な御神徳は、万人の知るところとなり、篤い崇敬を集める事となりました。また、富士山を鎮めるため浅間大神をお祀りしたのは当大社が最初であり、全国にある浅間神社の起源ともなっています。

引用元:富士山本宮浅間大社
浅間大社

御朱印

浅間大社-富士山本宮

近くには、静岡県富士山世界遺産センターがあり、富士山に関すること、歴史、魅力など多くの方に伝える目的で逆円錐形のセンターがあります。バリヤフリーとなっており、車いすなども用意されています。

富士山を眺めながら、是非、富士山に関する知識も深めたいものです。

富士山本宮浅間神社

住所:〒418-0067 静岡県富士宮市宮町1-1
TEL:0544-27-2002

【開門時間・祈祷受付時間のご案内】
★開門時間
(11月~2月):午前6時~午後7時(通常)
(3月・10月):午前5時30分~午後7時30分(通常)
(4月~9月):午前5時~午後8時(通常)


★祈祷受付
午前8時30分~午後4時30分(神楽は午後4時まで)

コメント

タイトルとURLをコピーしました