北向観音・常楽寺

御朱印巡り

概要

北向観音堂は、平安時代初期の天長2年(825年)、比叡山延暦寺座主の慈覚大師円仁により開創された霊場です。
安和2年(969年)、平維茂は一山を修理し、三楽寺、四院、六十坊を増築したと伝えられています。
寿永元年(1182年)には源平争乱の中、木曾義仲の手により八角三重塔と石造多宝塔を残して全て焼失してしまいますが、源頼朝の命のもと伽藍復興がおこなわれ、建長4年(1252年)、塩田陸奥守北条国時により再興されました。
本堂が北に向いているのは、わが国でもほとんど例がありません。
北向観音様は北向に建立され 千手観音様を御本尊として現世利益を願い、また善光寺様は南向きに建立され阿弥陀様を御本尊として未来往生を願います。

引用元:北向観音・常楽寺

御朱印

概要にもありますが、南向きの善光寺のみの参拝では、未来へのお詣りとなり、“方詣り“と言われ、縁起が良くないと云われているので、向き合っている北向観音・常楽寺にもお詣りに行きました。

北向観音・常楽寺

北向観音・常楽寺

住所:〒386-1431 長野県上田市別所温泉1656
TEL:0268-38-2023

コメント

タイトルとURLをコピーしました