ループイフダンBS試してみる!

FX FX
FX
かっぴー
かっぴー

こんにちは!

かっぴーです♪

今回は、アイネット証券から、2021年9月より開始された「ループイフダンBS」について、デモ口座で運用してみたいと思います。

ループイフダンは、普段から運用していますが、自動売買システムで不労所得ができると思い利用していましたが、どうしても、どちらか片方に相場が動いてしまうと、含み損が増えていき、増えすぎることを恐れて自動システムを停止してしまいます。

かっぴー
かっぴー

あぁ~!

含み損が増えてるぅ~!(@_@;)

停止しよ!

こういった裁量取引をしなくてよいシステムを考えていました。以前にも、投稿しましたが、両建て取引を利用して、損切をしないように1年以上の中長期的に運用して、複数の通貨ペアを同時に動かすことによって、どれかのペアが勝ち、どれかが負け最終的には勝ちが、勝るようにして、利益の拡大ができないかと、考えていました。

今回の「ループイフダンBS」は、考えていた両建て取引とは違いますが、このシステムを運用することで、証拠金が片方のみでよい。ということです。ただし、損切設定は「あり」としか設定できません。

ちなみに、アイネット証券では、デモ口座を、ニックネームとメールアドレスを登録するだけで簡単に開設し運用することができます。

折角なので、次の設定で、デモ運用をしてみたいと思います。

デモ口座を開設して、ループイフダン設定を行うと、通常の取引で行うのか、BS(両建て)取引を行うのか選択できるようになっています。

そして、使用している人はわかると思いますが、通常の通貨の選択、取引数量、最大ポジション数を設定できるようになります。

ループイフダンBS15(USD/JPY)

今回の設定は、

売買システム:ループイフダンBS15(USD/JPY)
損切設定:あり(変更不可)
取引数量:2,000通貨
最大ポジション数:115個

以上としました。

次に進むと、次のような提案的なアドバイスが出てきて、その設定ではどの位の値幅まで耐えれるのか評価されます。

今回の設定では、運用開始から1700pips(17円)以上、損失方向に変動があった場合、ロスカットになり、運用が停止してしまう可能性があります。との報告です。

そして、過去5年間の変動幅は、約20円であったことを示しています。今回は、17円まで耐えるので、利益がでてくれば、20円にも耐えることができると見込んでいます。(いきなり暴落がなければ、、、)

ロスカットとならないための提案も記載されていました。

当初計画していたのは、中長期的に運用することを考えれば、スワップポイントが極力少ない通貨ペアで運用しようかと思っていましたが、デモ口座なので、アイネット証券が一番お勧めしているペアで、なじみのあるUSD/JPYを選択し、口座資産300万円を使いきる設定としました。

このまま放置をして経過を見ていきたいと思います。

最初の買いと売りのポジションをとった状態の口座情報です。

ループイフダンBS40(AUD/NZD)

そして、もう一つ設定してみました。

売買システム:ループイフダンBS40(AUD/NZD)
損切設定:あり(変更不可)
取引数量:4,000通貨
最大ポジション数:50個

このAUD/NZDの通貨ペアでは、過去5年の変動幅は、約1,500pipsだったので、今回の設定では、その変動幅より十分余裕がある設定となっています。

でまた、スワップポイントは、売り2,買い▲4となっているので、長期間保有していても、スワップポイントで大幅な減額がないと思います。その逆にスワップポイントでの利益は得られないことになります。

これも運用を開始し、最初のポジションを持った状態の口座情報となります。

この二つのデモ口座が時間の経過とともに、どのように利益を出していき、どの位の含み損が膨らんでいくかが楽しみです。

この結果をもとに、実際の運用方法を検討していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました